わきがは、わきの下から出る臭いが体質的に鼻につく特徴的な臭いで、不快臭を与えることが多いです。わきが臭いは、自分ではなかなか気が付かず、知らないうちに他人に迷惑をかけてしまうこともあります。特に女性には、わきがなどの臭いに関して悩みがあるようです。

わきがは人種差が大きく、欧米人の約80%がわきが体質であるのに対し、日本人は約10%と非常に少ないです。また、片親がわきがの場合は約50%、両親がわきがである場合は約75%の割合で遺伝するとも言われています。原因とされるアポクリン汗腺の活動は、思春期の頃から始まり、熟年以降まで続くようです。

最近では、股間(陰部)でのわきがで悩みを持っている方も増えてます。

 
--->わきがの悩み対策<---

★わきがの原因
わきがの臭いは、単に汗が多いということだけではなく、分泌液の成分や皮膚の雑菌などにより生じるといわれています

腋の下には、エクリン腺、アポクリン腺という2つの汗腺と皮脂腺という分泌腺があります。

(アポクリン腺)
この汗は粘り気があり、タンパク質、糖類を始め、アンモニア、鉄分、蛍光物質、脂質などからできています。この汗の分泌物がわきの下の細菌に分解され、独特の臭いを発します。この汗は、元々は異性を引き付ける臭いを出す働きがあったともいわれています。
アポクリン腺はワキの下、乳輪、陰部、外耳道、臍など、身体の決まったところにしかありません。


(エクリン腺)
この汗は、体温を調節する役割があり、暑い時やスポーツをした時などに出ます。99%が水分、1%が塩分で構成されているため、サラサラしていて臭いはありませんが、アポクリン腺から出る汗や、皮脂をとかして、臭いをばらまく原因になります。

(皮脂腺)
皮脂腺はアポクリン腺と同じように毛穴と直結しており、皮脂と呼ばれる脂肪分を分泌しています。皮脂がたくさん分泌されると、アルカリ度が増して、さらに細菌が増殖しやすくなり、その増殖した細菌が脂肪を分解する時に臭いが出るといわれます。

つまり、アポクリン腺から出た汗と皮脂腺から分泌された脂肪分とが混ざり、これが皮膚の表面の細菌により分解され、独特のわきが臭いが発生すると言われています。しかし実際は、まだ不明点も多いようです。

わきがは遺伝や体質によるものなので、わきがにならないようにすることはできません。しかし軽い症状の人なら日常生活の中で予防策をたてることによって、ある程度臭いを抑えることができます。

--->わきがの悩み対策<---

わきが予防

1.わきの下を清潔に
汗自体は、臭いを出さないですが、わきが臭の原因となる物質が含まれているので、そのままにしておくと 汗の中の成分が雑菌などと混じり合って変化して、わきが臭となります。
夏場には シャワーなどで体の清潔に保つと、かなり臭いが予防できます。消毒用アルコールをしみこませたコットンなどで時々拭いて、悪臭を作り出す雑菌を増やさないのも重要です。

2.まめにわき毛を剃る
雑菌が繁殖する原因である、わき毛をまめに剃ることで、わきが臭をある程度抑えることも可能です。レーザー脱毛などが、わきが対策としてもあります。

3.食事に気をつける
肉・乳製品を多く摂る西欧型の食事は、アポクリン腺や皮脂腺の活動をさかんにします。また動物性脂肪にふくまれる「不飽和脂肪酸」の一部はアポクリン腺や皮脂腺から分泌され、臭いの元になります。よって、高カロリー・高脂肪の食事を避けるようにすることも必要でしょう。また発汗を促す塩分や糖分、香辛料、アルコールや多量の水分を控えめにすることも大切です。

わきが対策に和食は理想的です。元々日本人は、わきが体質の人は少なかったのですが、食の西欧化が進み増加しました。

--->わきがの悩み対策<---