性病は最近相当増えています。STDとは英語の頭文字をとったもので、「性感染症」(性病)のことを意味します。性病(せいびょう)は、性感染症 (STD) のうち特に古典的な4つの疾患を指します。 (淋病、梅毒、ヘルペスなど)性病症状や危険行為について常に情報を調べておきましょう。

梅毒は感染後約3週間で発症します。治療しない限り体内に残り、最終的には死亡する。現代社会における先進国においては、抗生物質の発達により、第3期、第4期に進行することはほとんどなく、死亡する例は稀です。

クラミジア症状〜男性では,感染の性交渉後1-2週間で,尿道炎の症状が起きることがあります。尿道が赤くなり,分泌物が下着に付着していることがあります。分泌物は透明から乳白色、サラサラで粘り気はあまりないです。

朝の起床直後,尿道の壁が乾燥した分泌物で密着して接着したような症状となることがあり,排尿時の痛みを感じやすいです。睾丸が腫れ,痛む場合もあります。

最近ではクラミジア感染症が大変増えています。感染しても気が付かないケースも多く、症状が進行すると将来赴任症などになるなど、取り返しがつかないこともありますので、危険行為などの覚えのある方は定期的に検査することが肝要でしょう。

性病症状、検査、治療
性病症状、検査
性病症状、検査
性病症状、検査
5性病症状、検査